2010年02月16日

 早くもやってしまいました 第1話 その3

 
 朝になるのが待ち遠しかった。


 天井を眺めながら、

 飛び散った記憶の断片を繋ぎ合わせているうちに

 酔いは緩やかに醒めていく。

 もしかしたら、息子は疲れ果てて朝寝坊。

 そして仕事に遅刻??

 そんなことがあったら大変。

 何としてもその事態は避けなければ・・・・


 数時間経ち

 息子の携帯に電話をかけてみる。

 爆睡中で、簡単に起きないかも知れない。


 「あ、もしもし?」


 予想を反して、しっかりした声がした。


 「あんた、もう起きたん?早いな〜」


 「昨日は悪かったな・・・ごめん」


 「あぁ、それはええんや」


 「それより、俺も自業自得なんやけど」



 えっ!! 何があったの??





 「寝過ごして・・・・


      高尾まで行ってしもた」
 たらーっ(汗)


  
  た か お ???
  



LineMap_Tokyo.jpg



 いくら土地勘がない私でも、そこが
 
 果てしなく遠く、限りなく山岳地帯に近いところだと

 すぐに想像がついた。


 「当然終電やし、駅降りたら・・・」


  真っ暗!! なんもねーしさ 地元かと思ったちゅうん 」

  

 ありえな〜い だけども ありえる〜

 ありえな〜い だけども ありえる〜  ハイ! 

 

 暗闇、寒風吹きすさぶ高尾駅で

 ひとり途方に暮れる息子。

 なんとかタクシーをつかまえ、八王子まで戻り

 カプセルホテルで夜を明かし始発を待って

 やっと家に辿り着いた。

 
 そのタイミングで、私からの電話。
 


 「今から仕事へ行くわ」

 ポソリと呟く息子に


 私はただ

 「お疲れちゃん♪」

 としか言えなかった。 あまりにも出来すぎた話で ・・・
 


 早朝の清々しい空気とは裏腹に

 どんよりと気分が沈んだ

 そんな寒い冬の朝。

 P1030286.jpg
 
 おわり♪
 

 
 ぽちっと banner_04-32.gif 



 さらぽち にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 
posted by touko at 23:32| 三重 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「その2」にコメントした後、「その3」が更新されていることに気付きました。

こちらは笑えませんでした。

やさしいエエ息子持って幸せやな。
Posted by kamin at 2010年02月17日 00:15
悲劇は息子さんに起きてましたかぁ〜!

これは、笑うに笑えませんねぇ〜。

寝過ごすから眠っちゃいけないと思ってても、
いつの間にか・・・夢の中・・・
やっちゃうんだよね (^^ゞ

ホントにお疲れ様でした!
Posted by まっちー at 2010年02月17日 07:40
 あらまかしょ〜!って私も笑えない、、
JRで帰るんや〜と思い込み、、無人駅の自分の地元駅なんぞ通り越して熊本まで帰ったりするし、、、県的にみたら福岡県から熊本県に帰ったってことであってるんだけど、、
ほんに、、あぁいうときって一気に酔いがさめますよね(苦笑)
Posted by ajari at 2010年02月17日 08:34
冬場の電車は悪魔が潜む

足元から暑いぐらいの暖房。
しかし、酔っていると何故か心地いい。
頭寒足熱?
頭はお酒でポッカポッカ!
そんな時にやって来る睡魔と言う悪魔が!

私もこの悪魔に何度やられたことか!
(ハッ?ここは何処〜(泣))
Posted by らんだーす at 2010年02月17日 20:46
第2話を早くお聞かせください。
気になって仕方がありません。
Posted by A&N at 2010年02月18日 00:00
kamin

笑ってよ〜

笑ってくれへんと、息子も寂しがる。

たかお繋がりってことで・・・(笑)

どーかひとつ、よろしく。
Posted by とーこ at 2010年02月18日 12:24
まっちーさん

悲劇はすべて息子に・・・起きました。

私のDNAは確実に長男へと受け継がれ、ふだんよく似た事をやらかすので、幸いなことに笑って流してくれました。

電車の中で、眠れない方法。
真剣に考えないとなりませんね・・・
Posted by とーこ at 2010年02月18日 12:32
ajariさん

仲間みーつけた♪

よかった・・・女の人で同じような人がいて
(笑)
って、私ほど酷くはないか(汗)

いつか、一緒に飲みたいです。
行くぞ〜熊本!!
Posted by とーこ at 2010年02月18日 12:43
らんだーすさん

せっかく美味しい食材を前に、いまひとつ旨く料理出来ず・・・

このネタ。最後の最後で”笑えない”という
すべりッぷり。

あーショック(涙)

また一から出直します。
Posted by とーこ at 2010年02月18日 13:02
A&Nさん

第2話は、あるのですが・・・

酷すぎて

書けない(大泣)


ご披露できるネタのみ、追々掲載しますので
またご覧になってくださいね。 




Posted by とーこ at 2010年02月18日 13:05
た・か・お・繋がり・・・了解しました(笑)

JR高尾駅・・30年近く前に一度だけ降りたことがあります。
C大学を受験したときでした。
東京の地理に疎い18歳の田舎の少年はKツーリストの勧められるがままに
高尾駅前に宿を取りました。
(普通、八王子駅前あたりを勧めるべきだろ!)

でも・・ご子息の乗り越しは絶対(母親による)心労のせいだよね。

それから、いつか、偶然、電車の中で会ったら・・・
ハグするから逃げるなよ(笑)



Posted by kamin at 2010年02月19日 01:43
むか〜し仙台でやらかしたときは飲酒自粛機関がありましたが今回は身内と言うことでないのでしょうか???>旦那さん
Posted by kida at 2010年02月19日 07:26

えっ!あの宏美翁まで、心配を掛けるとは
・・・・絶句

Posted by at 2010年02月19日 21:15
kamin

た・か・お・繋がり・・・
了解してくれてありがとう♪

高尾駅って、本当になんも無かった
息子がそう言ってました。
心労!? ええ確かにね。

でも「家族は持ちつ持たれつ」
これ元坂家家訓ですから。

ハグ? ハグってかぁ。。。。
うーん

逃げる(笑)

Posted by とーこ at 2010年02月20日 17:58
kidaさん

主人に聞いてみないと分かりませんが・・

もう諦めたみたいです。

だけど・・・そのうち追い出されるかもしれません(汗)

Posted by とーこ at 2010年02月20日 18:00
名無しさん

宏美翁?

父をご存じなんですね?

子供たちの中で、とーこがいちばん俺の血を引いていると・・・

なぜだかとても嬉しそうにしている年老いた父でございます。ハイ!
Posted by とーこ at 2010年02月20日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。