2010年01月18日

 つくろい物

 

 日本列島冷蔵庫たらーっ(汗)


 そんな寒さも少し緩み

 今日はポカポカとした穏やかなお天気です。

 こんな日は、蔵の干し物も

 気持ちよく乾きます。


 P1030219.jpg 


 朝の仕込みが終わると、蔵人は大量の洗い物を

 黙々とこなしていきます。

 それが日課。


 この布類は、毎日休むことなく使用します。

 甑の熱に耐え、強くもみ洗いされることに耐え

 中には何年か使っているものあり

 穴があいたりすり切れてしまったり

 破れがあると、そこから米がこぼれ落ちてしまうので

 直ちに補修しなければなりません。

 それは、女の大切な仕事。


 
 激しく破れた部分にあて布をし、

 ミシンを丁寧にかけ

 大きな穴をふさいでいきます。



 
       。。。。。。。母がるんるん



 「私が元気なうちは大丈夫やけど」と

 言われてはいるのです。

 そろそろ、バトンタッチしなくてはならないことも

 充分承知。



 だけど、この私
 
 『裁縫』能力・・・・・・ゼロです。

 
 たぶん小学生レベル。

 そう、小学生の家庭科までは何とか大丈夫だったんです。

 問題はその後。

 中学になり、男子は技術 女子は家庭科

 そこから、習得したものは無し。

 スカート・パジャマ・ワンピース

 年を追うごとに課題は複雑となり、

 徐々に落ちこぼれ

 高校入ってからの和裁にいたっては

 完全に脱落。


 
 思えば、私のまわりにはいつも
 
 裁縫の達人がいました。

 子供の頃の洋服のほとんどを手作りしてくれた母は

 刺繍が趣味でした。

 ミシンこそ使えませんでしたが

 明治生まれの祖母は、浴衣や着物を縫ってくれました。

 中学の洋裁の課題も、高校の和裁の課題も

 最終的には、この人たちがこなしたようなものです。



 酒蔵に嫁ぎ、そこには裁縫の得意な母がいました。

 暇があるとミシンの前に座り

 いつも何かを作っていました。

 二人の息子達の、通園バッグや上履き入れなど

 本来なら母親がするべきことですが

 私がどーしよ〜 どーしよ〜
 
 そう騒いでいる間に

 いつも、ちゃんと出来上がっていました。



 炊事・洗濯・裁縫

 昔も今も変わらず、これが良妻の必要条件。

 前の二つは人並みにできても

 最後のひとつは、人並み外れてできない。


 今まで、誰かが助けてくれていたから

 出来ないことに、目を向けていませんでした。



 でも、母が元気なうちになんとかしなくては・・・

 それには、とにかく数をこなすしかありません。




 

 先ずは、ミシンに確実に糸をつける

 えっ? そこから??がく〜(落胆した顔)


 
 
 布を縫う前に、糸が切れるのよ。

 ブチッどんっ(衝撃) って。

 糸を通す順番 間違えてんのやろか。

 


 ぽちっと banner_04-32.gif 



 さらぽち にほんブログ村 酒ブログへ
 
 
 
 

posted by touko at 12:23| 三重 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミシン事情は良く分かりませんけど、
今は電動ミシンなどもあって簡単になってるのでは?
どうしてもこなさなきゃいけない仕事でしょうから、
投資が必要でしょうけど、文明の利器の力に頼るのが一案かも。

こちらは一昨日から昨日にかけて、またしても大雪 (>_<)
例年よりも少な目だった積雪も、2日間で追いついちゃいました
昨日は歩道の除雪が入ってなくて、JR駅まで車道を歩く羽目に
こうなると、雪国の生活は、なかなか大変です (-_-;)
Posted by まっちー at 2010年01月18日 12:59
にゃはっはっはっはぁ〜(笑)

家事万能と思われていた女将にこんな弱点があったとは!

縫う前から四苦八苦の様子!
小学校の家庭科のミシン授業の時に逆回転させて糸を切ったり、針を折ったりで先生に怒られたことを思い出しました!
確かに数をこなすしかないかなぁ〜

しかし、破壊王のとーこさんがミシンを使うとなると〜

ミシン大丈夫かしら〜
(ドキドキ〜)



Posted by らんだーす at 2010年01月18日 13:51
糸のはりぐあいを合わせるんじゃなかったっけexclamation&question


つうかこうなれば
手縫いですな
ほっとした顔
Posted by トキ at 2010年01月18日 20:32
失礼とは思いますが、たまにはご主人の代筆でお願いします。桐子さんとは一味違う面白さがあります。どうぞよろしく。(ご主人又トラの尾を踏まんかいな)
Posted by A&N at 2010年01月18日 21:45
 とうこさん こんにちは
まあ・・・いきなり頂上にが行けませんからね
まずは一歩を踏み出さなきゃならない・・・

 でも・・・その前に靴を履けるようにならなきゃね。

 その後・・・をまたレポートしてくださいな・・・ここまでできるようになった・・って

ポチッ!
Posted by acb at 2010年01月19日 15:16
ぽかぽかと、暖かそうで
同じ国とは思えないっす〜
羨ましい限りです〜♪

札幌は週末の大雪で、除雪が追いつかず
道路が狭いしガッタガタで、めっちゃ走りずらいんですぅ(泣)
北国?雪国?に住むと運転テクもアップしますよ〜(笑)

そんな私も。。。
『裁縫』能力・・・ゼロ女(笑)

あ〜また、とーこさんとの共通点発見^^v
Posted by kazuりん at 2010年01月19日 17:14
大量の洗濯物ですね。確かに布が酷使をされている状態だから繕い物もたくさんありそうですね。

穴が空いたままでは米が落ちちゃいますし・・・
Posted by kida at 2010年01月19日 18:37
とーこさん、炊事・洗濯・裁縫のうち2つはOKなんて、すばらしいです。私は、どれも嫌いでどれも上手とはいえません!うちは上手な人がする主義なんでほとんど旦那任せです(笑)。
Posted by ちゃこ at 2010年01月19日 23:29
まっちーさん

電動ミシン・・・今はどれほど進化しているのでしょうか?

お嫁入り道具の中に、その時最新式と思われるミシンがありましたが、一度も触ったこともなく、今やどこにしまい込んだかも分かりません(泣)

またしても大雪ですか (-_-;)
大変ですね。

本日の三重は、春のようなポカポカ陽気でした。

Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:18
らんだーすさん

家事万能ではないですよー。
弱点だらけ・・・(涙)

小学校の家庭科のミシン授業の時に逆回転させて糸を切ったり、針を折ったりで

同じ!同じ!!
ミシンの針、何度折ったことか・・・

母は、大切なミシンを壊されるよりは自分がした方がいい。
けっこう早い段階で悟ったのだと思います。



Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:22
トキさん

糸の張り具合を合わせる以前の問題。

手縫いなら、何とかいけるかも?

玉留めはできますから・・

しかし、老眼鏡がなければ針に糸を通せません(大笑)
Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:24
A&Nさん

ありがとうございます。

私もそれを願っているのですが、何せ今は吟醸仕込みの真っ最中。

それが終わったら、書かせますからね。
(うまいこと煽てて♪)
もう少しお待ちを。
Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:27
acbさん

頂上へ行く前に、一歩を踏み出す前に

先ず靴を履けるようにならないとねぇ。


頂上は果てしなく遠いですな・・・

レポートはまたそのうち♪
Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:32
kazuりん

札幌の雪。どっさりみたいで大変ですね。
車の運転。
雪国の人は上手ですよね。

スキーに行ったとき、ふつうのおばちゃんが
滑りながら涼しい顔して運転しているのを見たことがあります。

こちらは、気温10℃を超えて春の陽気でした。

あらら・・・・裁縫できないのか。ダメやなぁ(笑)
仲間がいて嬉しい♪
Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:39
kidaさん

洗い物もどっさり♪

縫物もどっさり♪

しかし・・・・蔵人がそのつくろい物を私に依頼したことは一度もありません。

よくできた人たちだこと。ホホホ(^J^)
Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:42
ちゃこさん

炊事・洗濯・裁縫のうち2つはOKなんて、すばらしいです。

ちゃこさん。
もう23年、主婦をやっているんですよ。
毎日。毎日。
出来なければ生活できませんから・・・


旦那さま、素敵ですね。
日本人の男の人には少ないですよ。
家事を手伝ってくれる人。

素晴らしい方がパートナーで羨ましい♪

Posted by とーこ at 2010年01月20日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138656780

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。