2009年12月04日

 師走の蔵中 その3.

  
 とーこのだんなです。

 しつっこく登場しますが、
 成りゆきと言うか何というか・・・。


 

 湧きつきました。


 やったね 鈴之介くん。 手(チョキ)


 P1030064.jpg


 P1030072.jpg

 8号山廃酒母 19日目 

 品温19度 ボーメ16.0 酸度 5.0 アミノ酸度 6.0
 白い筋状の泡とポツポツと透明な小さな泡がところどころに見え
 プチプチと微かな音が聞こえてきます。

 湧きつきです。

 ちょっと酸度は低めですが、だいたい予定どおりです。
 出来上がりまで、あと10日ほどかかりますが
 ここまで来れば安心です。
 これからさらに暖気で温度を上げていきます。
 
 8号酒母は、酒米に「伊勢錦 短稈系」を使っています。
 もちろん本仕込みも同じ米100%です。
 (酒米「伊勢錦」については、同社HP参考にして下さい)

 故上原浩氏の教えどおり
 肌理が細かく、スッキリと軽快で、
 かつ大古酒になっても腰が崩れない
 力強さを持ち、速醸系では得られないまったりとした
 吟味のある酒を目指しています。

 まだまだ力不足でどうなるかわかりませんが、
 こうなったら搾り上がるまで書こうと思っています。
 皆様、イヤでもお付き合いお願い致します。

 良い酒が出来た暁には!!

 買って飲むところまでお付き合い頂けましたら・・・。
 (ちゃっかり宣伝してしまいました)

 この後、
 高泡(泡なし酵母なのでそれほど出ませんが)
 湧付き休み・モト分け・枯らし・モト卸へと進み
 本仕込になります。



 ぽちっと banner_04-31.gif 



 さらぽち にほんブログ村 酒ブログへ
 


 
posted by touko at 21:55| 三重 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | ダンナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 連絡遅くなってごめんなさい〜!!
プレゼント届いております。すっごくうれしかった〜♪
このシリーズを読んで心して飲ませていただきます、、と思います。
本当にありがとうございました〜。すっごくってびっくりしましたよ〜
Posted by ajari at 2009年12月04日 23:21
湧きつき、予定通りですね (^^)v

「湧きつき」って言葉から、豪快に泡立つのかなと勝手に想像してましたが、
底の方からの泡立ちが表面で弾ける感じでしょうか?
計画通りに進んでるのは何よりですね♪

見学に訪れてる酒造の専務に紹介してもらって、
上原浩氏の書かれた本を2冊読みましたよ〜
Posted by at 2009年12月05日 09:55
↑上コメント、名無しで投稿しちゃいました (^^ゞ
Posted by まっちー at 2009年12月05日 09:56
はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いています&いつもおいしく頂いています。先日も岐阜の柳津で2本山廃純米を買ってきました。あの新聞はとーこさんが巻いているのかなとか、お酒ができるまでの工程を知ることができていつも楽しみにしています。
おいしいお酒も楽しみにしていますね。
Posted by maru. at 2009年12月06日 00:27
山廃についてよくわかりますね。
アミノ酸度6.0って考えてみるとすごいすっぱいってことになりますね〜。飲むとやはりすっぱいんでしょうか?
Posted by kida at 2009年12月06日 09:12
ajariさん
こちらこそ、いつもありがとうございます。
これからも、宜しくお願いします。
Posted by とーこのだんな at 2009年12月06日 09:20
まっちーさん
湧きつきは少し泡が出て、やっと発酵が目に見えるようになってきた時のことです。
泡が豪快に出るのは高泡と呼ばれる時期で
これからです。
上原先生とは何度も話しましたが、
面白いおじいちゃんでした。
Posted by とーこのだんな at 2009年12月06日 09:25
maru.さん
山廃無濾過、飲んで頂きましたか。
ありがとうございます。
今年はさらに上を目指して頑張ります。
新聞はとーことパートのおばちゃんが巻きます。
私が巻くとやり直しです(涙)。
Posted by とーこのだんな at 2009年12月06日 09:29
kidaさん
アミノ酸は、味、旨味成分の数値なので
酸っぱさとは関係ありません。
酸っぱさは、酸度です。
速醸酒母でアミノ酸度は3.0くらいなので
すごく味が出ていると言うことです。
この時点で舐めると甘くて美味しいです。
っが、後でとんでもなく気持ち悪くなります。
Posted by とーこのだんな at 2009年12月06日 09:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。